30代で正社員になれなくてもいい!正社員から契約社員に転職した、僕の働き方改革

仕事のリアル

僕は、ブラック企業の正社員になるくらいなら、ホワイト企業の契約社員や派遣社員のほうがいい、と実感しています。

僕は2009年、ブラック企業ワタミに正社員で入社しました。 

2013年、労働環境の悪さに嫌気がさし退職。その後、非正規雇用(契約社員)で働いています。

僕は、正社員から契約社員になってよかったと思っています。

 

「非正規なんて不安定だし、やめたほうがいい」

「30過ぎで非正規なんて、将来のことをちゃんと考えてるのか」なんていわれたこともあります。

 

一般的には確かにそうだと思います。

でも僕は、必ずしも正しい意見ではないと思っているんです。

正社員にならない働き方改革

「正社員は安定している」

何年も前から言い伝えられている日本の常識ですよね。

政府が「働き方改革」を叫ぶ昨今にあって「正社員だから安定」ではないと思っています。

そもそも何をもって「安定」なのでしょうか。

正社員=安定という昔からの”神話”ほど、信用できないものはありません。

 

ブラック企業の正社員の働き方

僕が新卒で入社したワタミは、サービス残業が横行し、過労死ラインで働かされていました。

店に出勤していない日に研修したり、サービス残業なんかやって当たり前でした。

 

ワタミの外食、居酒屋勤務になると、店の営業時間は、16時~翌3時、金土祝前日は5時。365日、店の定休日はありません。

もちろん、毎日ずっと店にいるわけではありませんが、週休二日など夢のまた夢。

さらにワタミでは、店での仕事に加えて、研修、課題レポート提出、 会議、ボランティア活動など様々な仕事が課せられます。

ただ居酒屋で働いていればいい、ということではないのですね。

 

正社員をエサに、過酷な労働環境を強いるブラック企業

いくら正社員といっても、過酷な労働環境で、心身が疲弊しきっても仕方ありません。

僕はワタミで働いて、そのことを身をもって経験しました。

それに、僕だけではなく、「正社員」というポストをエサに、若者をいいように使い倒す企業がいる現実があります。

 

1カ月ほど入院して復職したが、1年8カ月後の10年4月、勤務中に営業所の入るビルから飛び降り過労自殺した。

キリンビバレッジ配送過労自殺の遺族に話を聞くと、死亡する半年ほど前に脱毛が始まり、体重も5キロ減るなど心身ともに限界を超えていたが、「(辞めて)アルバイトとなると世間の目もある。もう少し頑張ってみる」などと話していたという。

(引用元:キリンビバ自販機配送の23歳社員が過労自殺 心身ボロボロで繁忙期突入、転勤2カ月めに営業所で飛び降り:MyNewsJapan)

 

この男性のように「正社員だから頑張る」という人もいるでしょう。

でも、これでは何のために働いているのかわからなくなります。

 

正社員かどうかではなく、どういう働き方をしたいか

正社員でも悪い労働環境なら、何が安定なのか、何のために働いているのかわからなくなります。

僕は契約社員でも、サービス残業がない仕事の方がいいと思っています。

実際に、契約社員に転職してサービス残業はなくなりましたし、労働環境は劇的に改善しましたね。

結果的に、これが僕にとっての働き方改革でした。

よりよい労働環境こそが、僕の求めていたことだったんですね。

 

【まとめ】正社員でも契約社員でもいい!

・正社員=安定ではない

・どういう働き方をしていきたいか考えよう

あなたは今、どういう働き方をしているでしょうか。

5年後も今と同じように働きたいですか?

もし答えがNOなら、今後どういう働き方をしていきたいか、真剣に考えるときにきているのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました