Googleの検索順位が低いならツイッターで集客せよ!SNS戦略のコツ

サラリーマンの副業

突然ですが、当サイト「サイト売買アフィリエイト」は、Google検索流入をあきらめました。

ツイッターをメインに、SNSで集客しようと動きました。

 

その理由は、後ろ向きなものです。

「検索順位は低い」「検索流入も低い」「毎月PVがほぼ0」

こんな状態なので、記事を書く意欲も少しずつなくなっていました。

 

そこで、ふと思いました。

「ずいぶん前に、ツイッターアカウント作ってたな。あれを使ってみるか」

こうしてツイッターSNS流入戦略が始まりました。

僕のツイッター戦略

上の画像は、僕のツイッタープロフィールです。

まだまだ試作中なので、また変えるかもしれませんが、現時点ではこんな感じです(^^)/

では、どんなことに意識して書いたのでしょうか。

 

プロフィール作成2つのポイント

・何をしてる人なのか
・この人をフォローすると、どんな情報やメリットがあるのか

この二つだけを意識して、プロフィールを作成しました。

それに合わせて、ヘッダー画像の変更しました。

これも「自分が何をしている人なのか」「メリットは何か」この二つを意識して作りました。

 

何をしている人なのか、一目で理解できるようにする

僕のツイートを見たときに「何をしている人なのか」という肩書きがわかるようにしました。

たまに名前が途切れてしまっている人がいます。

僕のツイッター名は「サイト売買で稼ぐ札幌人@アオイ」です。

途切れる人とは「サイト売買で稼ぐ…」となっている人です。

 

こうなると、ツイッターを見た人が一目で名前を理解できません。

いや、途切れてしまってもいいのですが、途切れる部分が肝心の肩書だと、何をしている人かわからなくなります。

 

だからこそ、僕のツイッター名は「最初に肩書、あとに名前」なのです。

肩書さえ伝われば、興味を持ってくれれば、名前はあとでいいです。

僕が、タレントさんのように有名人なら、先に名前を持っていきます。

ですが、僕のように無名の場合、先に名前を持っていくメリットは少ないように感じます。

 

ユーザーさんが流入した時のコツ

いろいろとツイッター戦略を書いてきましたが、いくらツイッターで上手くいっても、肝心のサイトの中身がスカスカだと、意味がありません。

僕の場合、サイトを見てもらうためのツイッター戦略なので、サイトの中身ありきです。

では、どういうことに気をつければいいのでしょうか。

 

記事数は多く、30記事以上

あなたが始めて、当サイトを利用したとします。

当サイトの記事数が、5記事だとどう思いますか。

「なんだ、大したサイトじゃないな」と思いませんか?

せっかく来てくれたユーザーさんに、こう思われると、離脱されやすくなります。

さらに、リピートされにくくなります。

 

始めて来てくれた人が、一度じゃ見きれないくらいの記事数が理想です。

目安は30記事くらいですね。

そうすれば、記事やサイトをブックマークしてくれる確率が上がります。

 

サイトのコンセプトを明確にする

・ターゲットは誰か?
・誰に向けて書いているのか?
・類似サイトとの違いは?
・ユーザーさんのメリットは何か?
・何故あなたがそれを書けるのか?

僕は、上記のことを意識して「サイト売買アフィリエイト」を書いています。

人によっては、もっと細かく決めている人もいるそうですが、僕はそこまで考えられません(;^ω^)

上記の質問に対する僕の答えは、こんな感じ。

 

・ターゲットは誰か?

→サイトを売り買いしたい個人。アフィリエイト初心者さん。副業したいサラリーマン。サイト売買を知らない人

 

・誰に向けて書いているのか?

→サイトを売り買いしたい個人、サイト売買を知らない人がメイン

 

・類似サイトとの違いは?

→アフィリエイト初心者さんに、アフィリエイトの方法を指南するブログは山のようにあるが、サイト売買のブログは他にはない

 

・ユーザーさんのメリットは何か?

→サイト売買の体験談(成功や失敗、儲かるのかどうか)
ブラックSEOの過程

 

・何故あなたがそれを書けるのか?

→実際に体験している観点から、リアルに書ける

 

「何故あなたがそれを書けるのか」明確にしよう

個人的に「何故あなたがそれを書けるのか」は非常に大事だと思っています。

というのも、これがスッポリと抜け落ちているサイトをよく見かけるからです。

というのも、アフィリエイトでよくあるのは「儲かる商材だから」というだけの理由で、興味のないものを紹介する人がいます。

 

もちろん、それでもいいのですが、アツい記事、ユーザーさんに響く記事を書くのが難しいです。

かといって「知らないと書けない」という考えになると、アフィリエイトの幅は狭くなります。

 

最低限「何故あなたがそれを書けるのか」を考え、答えられるようにしておきたいところです。

記事一つ一つの説得力につながるからです。

たとえば、サイト売買をしたことがない人は、「サイト売買アフィリエイト」というタイトルで書けないわけです。

「何故あなたがそれを書けるのか」この質問に答えることは、見てくれたユーザーさんにとってのメリットにもなります。

 

先に挙げた5つのポイントは、互いにからみ合って存在しています。

どこかが抜けていると、他のものも答えられなくなってしまいます。

僕は、どんなサイトを作るときにも、5つのことを意識しています。

 

サイト売買アフィリエイトのPV推移

ここまで色々と書いてきましたが、結果を紹介します。

僕のツイッター本格稼働は、2019年8月1日からです。

2019年7月と8月まで、1か月の結果を比較します。

PVやユーザー数の推移を見てみましょう。

 

ツイッター開始前

7月の結果です。

ユーザー数は「12」PVは「39」です。

 

ツイッター開始後

これが8月の結果です。

ユーザー数「93」PVが「274」に増加しました。

ユーザー数、PVともに約9倍に増加。

もともとの数値が低すぎましたが、最初の結果としては上々のすべり出しになりましたね(^^)/

 

【まとめ】すべてはユーザーさんのために

・サイトを見る人は、グーグル検索だけじゃない

・検索順位が低いサイトは、SNS戦略も考える

・ツイッターもブログも、ユーザーさんのメリットを考えて作る

今後もツイッター戦略を続けてきます。

ツイッターで発信するだけじゃなく、いろいろな人と絡んで、勉強になる部分も多いです。

僕は、ツイッターは苦手でしたが、メリットのほうが大きかったです。

サイトPVが低くて悩んでいる人は、グーグルだけに頼らず、SNSも活用してはいかがでしょうか。

 

では今回は以上です!

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました