【サイト売買体験談】恋愛系サイトを70万円で買った話

サラリーマンの副業

今回は、恋愛系サイトを70万円で買った話です!

売上、結果がどうなったのか、なぜ恋愛系サイトを買ったのか話していきます!

恋愛系サイトを買った理由

放置状態で収益がある

常に記事更新していないと売上があげられないサイトは、運営・継続が難しいです。

記事のネタを仕込み続けないといけませんし、記事を書くのも時間がかかります。

僕も以前、エンタメ系のサイトを買いましたが、運営が難しかったです。

運営の継続が難しく、収益がマイナスのまま売ってしまいました。

 

放置状態で売れるサイトは、何もしなくても売れるサイト、と言い換えることができます。

それだけ放置状態で売れるサイトは、おいしいサイトといえますね。

 

流行り廃れのないサイトだから

恋愛系は、季節や年齢、性別など関係なく、検索需要があります。

流行に左右されないサイト、ということです。これ、かなり大きいです。

 

例えば、海やサーフィンといった内容であれば、季節もので夏がメインです。

流行りでいえば、ポケモンGOやタピオカ等も流行ものです。

アツい時期は売上も大きいですが、流行が過ぎてしまうと、閑古鳥が鳴くなんてこともあり得ます。

 

常に検索需要があるカテゴリーでいえば、恋愛・転職・就職・お金といったものも、いつでも検索されます。

こういったカテゴリーのサイトを狙うのは、有効ですね。

 

PV・売上はどうなった?

売上月間平均・8万円

PV月間平均・3,000PV

 

売上に対してPVが少ないように感じます。

よく言えば、それだけ効率よく稼げています。

 

サイトの金額70万円は高い?安い?

月間売上8万円で、買った値段が70万円ですから、お買い得価格です。

サイト売買の相場は、売上が1年半~2年くらいで回収できる金額、といわれています。

なので、僕が買った恋愛系サイトの相場は、180万円ほどですね。

 

もともと売っていた金額が、100万円のサイトでした。

これだけでも安いですが、僕は値切って70万円にしてもらいました(*’▽’)

サイトを買うコツにもなりますが「言い値で買わない」というのは大事です。

 

たいてい売主側は、「この金額で売れたらいいな」という価格設定をします。

売主としては、1円でも高く売りたいですから当然ですね。

でも、このまま買ってしまうと、売主においしい価格となります。

サイトを買うなら、値切り交渉の場合、相手に配慮しつつ、していくと有効です。

 

【まとめ】サイト売買のコツ

せっかくなので、サイト売買のコツをいくつか書いておきます。

・サイトは言い値で買わない

・流行りに左右されないサイトを選ぶ

・売値の相場は、売上が1年半~2年で回収できる金額

・放置状態で売れるサイトはオイシイ

・更新が苦痛にならないように、自分の興味のあるジャンルを選ぶ

 

僕は、結果として、この恋愛系サイトを買ってよかったと思っています。

というのも、このサイトのおかげで、自分の売上が向上したからです。

もちろん、買った金額分を回収しないと意味がありませんが、放置状態でこのペースなら、それも時間の問題かと。

では、今回はこの辺で!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました